今の段階での4Gというのは事実上の4Gの規格とは違うもので、日本国内においてはまだマーケット提供されていないモバイル通信サービスなのです。その4Gの正式な販売開始までのつなぎ役としてスタートしたのがLTEです。
モバイルルーターの販売戦略として、キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダーも見受けられます。キャッシュバック分を差し引いた料金を比較して、ランキング一覧にしました。
WiMAXが利用できるのかできないのかは、UQコミュニケーションズがインターネットに載せている「サービスエリアマップ」を確かめたら判断できると思います。明確にならない時につきましては、「ピンポイントエリア判定」をやってみれば判定できるでしょう。
プロバイダーが独自に提示しているモバイルルーターの1カ月ごとの料金やキャッシュバックキャンペーンを比較して、ランキング一覧にまとめてみました。ルーターを購入予定の方は、率先してご覧になってみてください。
LTEと言っているのは、スマートフォンだったり携帯電話などで使われる新規の高速モバイル通信規格になります。3G回線と4G回線の間に位置する規格ということから、WiMAXと共々3.9Gにカテゴリー化されます。

WiMAXギガ放題プランに関してですが、概ね2年間という単位の更新契約を踏まえて、月額料金の引き下げやキャッシュバックが敢行されているのです。そういった事情を把握した上で契約した方が賢明です。
高速モバイル通信として有名なWiMAX2+(ハイスピードモード)ですが、この機器とプランの場合、速度制限が適用されましても下り速度が1~6Mbpsはキープされますから、YouToubeの動画程度は視聴することができる速度で利用可能だと思っていただいていいでしょう。
WiMAXモバイルルーターと言われているものは、WiMAXのモバイル通信網を使用して、タブレットあるいはパソコンなどのWiFi機能が整っている端末をインターネットに接続するための小ぶりの通信機器というわけです。
実際にWiMAXとワイモバイルという2種類のモバイルWiFiルーターの速度や月毎の料金などを比較してみたところ、上位機種における下り最大速度を除外したほとんど全ての項目で、WiMAXの方が秀でていると確信しました。
私の家の場合は、ネットに接続する際はWiMAXを使用するようにしています。心配していた回線速度につきましても、一切イライラを感じることのない速さです。

WiMAXと申しますのは、モバイルWiFiルーターと呼ばれている端末の1つで、家の中のみならず屋外にいる時でもネットを見ることができ、その上月間の通信量も制限がないという、非常に評価の高いWiFiルーターだと言えます。
今の段階ではWiMAX2+の電波が届くエリアに入っていないと言われる人も、現在売られているWiFiルーターを使えば、それまでのWiMAXにも繋げられますし、月に1000円程度必要ですがオプション料金を払うようにすれば、「au 4G LTE」にも接続できることになります。
WiMAXモバイルルーターと呼ばれているものは、機種個々にCA方式もしくは4x4MIMO方式のどちらかの通信技術が盛り込まれているようです。感度が異なるはずですので、その辺を踏まえて、どの機種を購入するのか決定してください。
プロバイダー個々にキャッシュバックされる時期はバラバラです。実際に入金される日は何ヶ月か後となりますから、そのようなところも認識した上で、どのプロバイダーで購入するのかを判断してください。
WiMAXモバイルルーターについては、種類が複数あるのですが、種類ごとに組み入れられている機能が異なっています。当サイトでは、ルーター個々の機能だったり性能を比較してもらうことができます。